借りた会社がヤミ金だった!そんな時はすぐに対処しよう

誰しも「ヤミ金でお金を借りてはいけない」と分かっているでしょう。

 

しかし、「銀行や大手消費者金融では融資してもらえないので、ヤミ金に手を出した」や「すぐにお金が必要だったので、ヤミ金を利用した」人も少なくはありません。

 

ヤミ金がヤミ金と呼ばれる理由は、まず違法金利でお金を貸し付けている点にあります。

 

法律では、年20%の上限金利を越えた貸付はできないことになっていますが、ヤミ金はそんなことお構いなしです。

 

また、取り立てがかなり激しいのもヤミ金の大きな特徴。

 

取り立てに関しても法律で規定がなされており、早朝や深夜の取り立ては禁止されていますが、ヤミ金はそんなこともお構いなしです。

 

困りに困って警察に相談しても、「民事不介入」を理由に断られるケースがほとんどです。

 

そんなときでも、決してヤミ金にお金を支払ってはいけません。

 

借りたお金は返さないといけないといわれていますが、違法金利で貸し付けられたお金は返済の義務がありません。

 

まずは司法書士や弁護士に相談しましょう

そんなときは、司法書士や弁護士に相談をするといいでしょう。

 

ヤミ金でお金に窮しているのに、司法書士や弁護士に払うお金がないという方でも、着手金などはかからないので安心してください。

 

借用書などがあればそれを持っていけば、話がスムーズですよ。

 

相談が終わって正式に受任契約を済ませると、本人に代わって弁護士や司法書士がヤミ金業者との交渉に臨むこととなります。

 

ちなみに、受任契約の旨をヤミ金業者に知らせた時点で、違法な取り立てはストップしなければなりません。

 

事実、ほとんどのヤミ金業者はこの時点で取り立てをストップします。

 

ヤミ金から借りたお金に関しては、利息はもちろんのこと、元金すら一切返済をしなくてもいいので、弁護士や司法書士はその方向で解決をします。

 

一切取り立てがなく元金や支払った利息分も返還されれば、最終的な解決となるのです。

 

弁護士や司法書士への報酬は、完全解決がなされた時点で支払うこととなります。

 

<どうしてもお金を借りたいWEB|絶対お金が必要な方のキャッシング>トップページへ