今後キャッシングするのは絶望的?借金が増えすぎて任意整理した場合

借金問題で悩む人は、何らかの方法で解決をすべきですが、弁護士や司法書士に頼むのも一つの手ですね。

 

個人ではなかなかできない街金や大手消費者金融との交渉も、代わりに弁護士や司法書士の方に交渉してもらえば、主張も伝えやすく効果も大きいものです。

 

債務整理の方法は様々ありますが、最も自由度の高い債務整理の方法が「任意整理」です。

 

任意整理は、弁護士や司法書士と貸金業者が直接交渉をして、支払いが可能いなるような条件での返済計画について、合意をする手続きのことです。

 

個人再生や自己破産となりますと、個人と貸金業者の間に裁判所が介在して面倒な手続きとなりますが、任意整理は裁判所が介在しないので、比較的自由度が高い解決方法といえます。

 

金利が高く債務が大きい貸金業者とだけ任意整理をすることもできます。

 

任意整理をすると、原則として手続きが完了した後の利息は免除されます。

 

これまでの利息と元金だけ返済すればいいので、より完済に近づきますよね。

 

しかし、本来街金などに支払うべき借金を減免してもらうわけですから、それなりのデメリットもあります。

 

比較的自由度の高い任意整理は、自由度が高い分だけ個人再生や自己破産と比べると、債務減額の効果は大きくありません。

 

裁判所という仲介者がいない分、なかなか任意整理に応じてくれない貸金業者も最近では増えてきました。

 

そして最大のデメリットといえば、いわゆる「ブラックリスト」に掲載されてしまうことでしょう。

 

そもそも、借金を延滞している時点でブラックリストには掲載されているわけですが、程度が大きくなればその分ブラックリストに掲載される期間も長くなります。

 

自己破産をしてしまうと、最低でも10年間はブラックリストに掲載され続けてしまいます。

 

一方で任意整理の場合、約5年間はブラックリストに掲載されますが、それを無事にクリアすれば、街金や消費者金融からお金を借りられます。

 

ただし、以前借金をして任意整理の対象となった業者からは借りられないでしょう。