存在してる?無職でもキャッシングできるところ

キャッシングの審査で重要な項目はいくつか存在しますが、その中でも重要な項目の一つが「職業」です。

 

職業が重要なのは、返済の原資を稼ぎ出す手段だからに他なりませんが、職種によっても借りやすい、借りにくいというのがあります。

 

最も借りやすいのは公務員で、やはりよほどのことがなければ解雇されないのが、安定した返済を望む消費者金融や街の貸金業者から見ると大変に魅力的です。

 

世間一般にお金を稼ぐイメージがある、医者や弁護士も借りやすい職業といえます。

 

サラリーマンも、比較的お金を借りやすい職業ですね。

 

公務員と比べれば解雇の可能性は高いものの、正社員であればそれなりの収入は望めますし、解雇もそうはありません。

 

それ以外の雇用形態である派遣社員やパート、アルバイトの方も、かつてよりは消費者金融や街の金融業者で融資を受けやすくなりました。

 

返済の原資を稼ぎ出す手段として職業が重視されているなら、無職の人にはお金を貸してくれないと考えがちです。

 

しかし、無職にもさまざまな方がいらっしゃるので、その人によってはお金を貸してくれる業者もあります。

 

比較的お金を貸してもらえるのが、専業主婦や年金受給者です。

 

この両者は、大手消費者金融でも街の貸金業者でも融資してもらえる可能性が高いです。

 

専業主婦の場合、自らは働いていませんが、その配偶者の収入を自分の収入とみなすことができます。

 

年金受給者も、年金収入を収入とみなしてもらえるケースが多いです。

 

それ以外、労働による収入を得ていない方も、お金を貸してもらえる可能性があります。

 

家賃収入を得ている方や株で利益を出している方などがそうで、「不労所得」を証明する書類を提出できれば、特に街の貸金業者でお金を貸してもらえる可能性が高いです。

 

大手消費者金融では、不労所得は認められにくい傾向にあります。

 

学生の場合、大手消費者金融はアルバイトをしていることが重要ですが、学生ローンなどでは学生の収入ではなく、保護者の収入が重視されます。