どうすれば借りられる?水商売やキャバクラ勤務でキャッシングしたい場合

キャッシングをする際の条件というのは、実は非常にシンプルなもので、「20歳以上の安定した収入のある方」なのです。

 

この条件にさえ当てはまっていれば、どんなお仕事をしていたとしてもキャッシングの審査で門前払いを食らうことはありません。

 

とはいえ、やはり心配に感じてしまうこともあるでしょう。

 

特に、世間一般から「立派なお仕事」とみなされていないお仕事をしている方にとっては、キャッシングの審査に通るかどうか心配なところ。

 

キャバクラ嬢やホステスなどをしている女性は、特にそのあたりが気になるのではないでしょうか。

 

しかし、大手消費者金融や街金では、どんなお仕事をしていようが収入さえちゃんとあれば、職業の差別をすることなくお金を貸してくれます。

 

このあたりの平等さはうれしいですね。

 

しかし、キャバクラ嬢やホステルが大手消費者金融や街金でキャッシングの申込をする際には、注意しておかなければならない点も。

 

それが在籍確認です。

 

申込書に記載されている勤務先に実際に勤務しているか、それを電話で確認するのが在籍確認です。

 

在籍確認を貸金業者が行うためには、その勤務先が営業していなければなりません。

 

勤務先に誰もいない状態では、在籍確認の取りようがありませんので。

 

夜のお仕事であるキャバクラ嬢やホステスは、貸金業者の営業が終了したころに営業開始して、営業が終了するころに貸金業者の営業が開始する、なんてすれ違いの可能性もなくはありません。

 

すれ違いが続いてしまいますと、なかなかお金を借りられませんので、大手消費者金融や街金の方に、すれ違いがない時間帯を指定して在籍確認してもらうようにお願いするといいでしょう。

 

また、キャバクラやクラブの直近の給与明細を提出すれば、在籍確認の電話をなくしてもらうこともできます。

 

大手消費者金融ではほとんどでそのような対応をとっていますが、街金でも柔軟に対応してくれますので、まずはしっかりと問い合わせをすることです。