資金繰りに困ってしまった・・・事業の運転資金を借りるにはどうすればいい?

事業を行っていると、資金繰りに苦しむこともあるでしょう。

 

製造業などでは、原材料費の高騰により仕入れ値があることも珍しくはありません。

 

製造した商品を納めるにも、相手から値下げを要求されて、応じないと取引を打ち切るなどと言われることも。

 

商品の代金もすぐには入ってこないことがほとんどで、それまでの資金に窮することもありますよね。

 

こういった問題は製造業のみならず、あらゆる業種にありうることで、事業を行う際には常に資金繰りの問題が頭をよぎります。

 

アコムやプロミスなどの大手消費者金融では、原則として事業資金に対してはお金を融資してくれません。

 

最近では、事業専用のカードローン会社もありますが、事業専用だけありましてその規模もかなりなものです。

 

そこでしたら事業目的でお金を貸してはくれますが、審査はかなり厳しいことを覚悟しなければなりません。

 

審査においてはあまり個人の事情を酌んではくれず、提出された書類のみで審査を行います。

 

もちろん書類にうそを書いてはいけませんが、資金繰りに苦しんでいる事業では作成できる書類にいいことはあまり書けません。

 

その結果、審査落ちしてしまって融資を受けられない、そんな可能性もあります。

 

地元の貸金業者をチェックしてみよう

より確実に事業の資金繰りを改善したいなら、地元の貸金業者に行くといいでしょう。

 

大手消費者金融や事業専用の大手カードローン会社とは異なり、地元の貸金業者ではより面談を重視します。

 

もちろん、全く書類審査をしないわけではなく、決算報告や収支状況を記した書類はしっかりとチェックします。

 

しかし、地元の貸金業者では個人の事情をより酌んでくれるのです。

 

その場が面談であり、コンパクトな事務所でしっかりと面談が行われます。

 

そこで、書類には書けないような熱い思いや個人的な事情などを、事業主はしっかりとアピールできるのです。

 

その結果、事業主の「人となり」を地元の貸金業者の担当者もしっかりと判断できます。

 

融資しても大丈夫だと判断されれば、つなぎ資金くらいでしたらすぐに融資をしてもらえますよ。

 

<どうしてもお金を借りたいWEB|絶対お金が必要な方のキャッシング>トップページへ