4社目でお金を借りることはできる?すでに3社からお金を借りている人。

銀行のカードローンや大手消費者金融のキャッシングでは、顧客獲得のために魅力的なキャンペーンを実施しています。

 

主に大手消費者金融で行われているのが、新規契約者を対象とした30日間金利0のキャンペーン。

 

30日間限定とはいえ、借入金額全額が無金利で借りられるのですから、利用しない手はありません。

 

その結果、3社の30日間金利0のキャンペーンに申し込みをしている、なんて人もいるでしょう。

 

その人が4社目の金利0のキャンペーンに申し込みをしようとすると、どうなるのでしょうか。

 

大手消費者金融には不文律として、「3社目までは融資をするが、4社目の人には融資をしない」という決まりがあります。

 

3社合計の借入金額が少なければ借入できる可能性もありますが、大手消費者金融が問題視をしているのは、借入総額よりもその姿勢でしょう。

 

3社からお金を借りている時点で、「この人はお金にルーズなんだな」との印象を持たれかねません。

 

お金にルーズな人にお金を貸しても返済してもらえない可能性が高いので、貸さないのです。

 

街金や消費者金融には、4社目以降も貸してくれる業者もありますが、金利や返済期限、取り立てなど十分に注意しなければなりません。

 

では、借入件数がすでに3社ある人が4社目を借りたい場合には、どのような手を打てばいいのでしょうか。

 

最も効果的なのは、借入件数を減らすことです。

 

3社の借入のうち、最も金利が高い、もしくはもっとも借入金額が少ない業者の借り入れを完済してしまいましょう。

 

借入金額が少ない業者であれば、少しの金額で完済できますし、金利が高い借入を完済してしまえば、利息の支払い総額も少なくなります。

 

その判断が難しい場合には、銀行で実施している「おまとめローン」を利用するといいでしょう。

 

大手消費者金融でもおまとめローンを実施していますが、金利面でのメリットを考えると銀行です。

 

おまとめローンの場合には、金利がより高いキャッシングをまとめると効果的ですよ。